風俗ビジネスにおいて利益を上げるには魅力的なHP作成は必要不可欠

風俗店HPのメニュー

ヒップ

風俗店に限らず、HPというのは見る側が情報を入手しやすい形にHP作成しなければなりませんから、項目やメニューを最初に考えなければなりません。風俗店の場合、メニューの候補は「在籍女性一覧」、「スケジュール」、「トピックス」、「料金システム」、「アクセス」、「写メ日記」、「ランキング」、「ホテルリスト」、「求人情報」、「店長ブログ」などになるでしょうが、これらについてはHPをアウトソーシングする際にどれを入れてどれを入れないかということをきちんと相談してHP作成をしてもらうことが必須です。
ちなみにもし「店長ブログ」というメニューを入れた場合、定期的に店長が更新する必要があることは肝に銘じておきたいものです。客の立場でいろんなHPを見て経験された方も多いと思いますが、クリックしたのに飛んだページが真っ白で何も書かれていない場合、「何だこれは?」という少し拍子抜けした気持ちになってしまうことがあります。
これは夢を売る商売であるサービス業のHPとしてあまり好ましい状況であるとは言えません。店長ブログの更新が3か月程度ないような場合、「ここの店長はやる気がないのか?」と勝手に解釈されて他店に流れて行かれかねませんので、最初の風俗HP作成の段階で入れるメニューのチョイスは慎重に行いたいものです。

風俗店HP作成の外部委託

昨今はHPのない風俗店は、皆無と言っていいような時代になりました。つまり、風俗店を経営する場合は、お客さんにアピールするためのHPは絶対に必要だということなのです。これがなければ、集客も見込めませんので、もし風俗店の店長などになりたいと思った場合、HPが必要な認識は持っておきたいものです。ただし、何の知識もない素人が、いきなりHPは作れません。従ってこういう場合は風俗店のHP作成を請け負ってくれるサイトにまかせることがおすすめです。
ちなみにHP作成を請け負う会社は国内にもたくさんありますが、風俗の業界の店でもOKのサイトかどうかは、確認しておきたいものです。なかには「アダルトサイトは受け付けておりません」という運営会社もあります。
HP作成を外部委託するにしても、自分の風俗店のイメージに合うデザインにして欲しいなどの相談や打ち合わせは綿密に行いたいものです。また、実際に働いてくれる女性の採用も、サイトのイメージや店のコンセプトにマッチしているかも十分検討が必要です。間違っても「熟女系」のコンセプトにもかかわらず、キャピキャピの20代女性を採用するようなことはしないように注意が必要です。

動画を取り入れた風俗のHP作成

風俗店で主役になっているのは勤務する女の子なので、風俗のHP作成では、できるだけ女の子のプロフィールページは濃厚な内容にしてみたいでしょう。
そのためHP作成をするときには写真を掲載するだけではなく、動画もあったほうが女の子のハズレのなさがアピールできやすくなります。実際に最近では動画を取り入れている風俗店も増えてきました。
動画によって表情や体つきまでも、動きをつけて伝えられるようになるわけですが、どんな動画を盛り込むかによって、利用客の想像のかき立て度も異なります。
風俗のHPによっては、エッチなシーンをダイジェスト的に編集した動画に含めて、トップページで流していることもあります。この場合には実際に何をするかが一目瞭然となっています。一方でトップページの動画は控えめにして、妖艶さや可愛らしさを表現するに留めることもできますでの、HP作成の時には気に留めておきたいところです。
プロフィールページの動画は、エッチなシーンよりは、衣服を身につけたまま、体全体のラインを見せるに留める内容が多く見られます。全てを見せずに予告的な意味合いを持たせて、見る男性にアピールするというわけです。
実際に動画で顔出しまでしていたら、修正なしの表情を伝えることもできやすくなり、男性客の心をつかみやすくなりそうです。

ヘッドライン